So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「銘柄豚」と「命名豚」の違い

社団法人中央畜産会による
「産地など表示食肉の生産・出荷などの適正化に関する指針」、
そして「畜畜BanBan」の銘柄畜産物に関する規定から外れる、
内容が伴わない豚肉を「銘柄豚」と呼んではいけないと思います。

内容が乏しい、ただ命名(ネーミング)しただけの豚肉は、
「銘柄豚」とは区別して、
“命名豚”、または“ネーミング豚”と呼んだほうがいいと思います。

また、商標登録されたら即、「銘柄豚」になるわけではないと思います。

 商標登録豚 ≠ 銘柄豚

そして、「銘柄豚」は、
生産者・販売者が決めるものではないと思います。

消費者に認めていただいて初めて「銘柄豚」になると思います。

したがい、「銘柄豚」を築き上げるためには、
長い年月の地道な努力が必要となります。

言い換えると、毎日の一つ一つの積み重ねの結果を
消費者に評価していただいた時に
真の「銘柄豚」になるということだと思います。


        ***********

(この文書は、2007年11月13日に作成した文書
 ~「豚肉:黒豚と銘柄豚」について考える~
 を修正したものです。)

nice!(0) 

「銘柄豚」 ~地域団体商標制度~

2006年4月1日から「地域団体商標制度」がスタートしました。

「地域団体商標制度」とは、
特許庁のパンフレットを見ると、

 ~地域の名称及び商品〔役務〕の名称等からなる商標について、
  一定の範囲で周知となった場合には、
  事業協同組合等の団体による地域団体商標の登録を認める制度~

のことです。

特許庁ホームページにある
‘地域団体商標制度の部屋’を参照すると、
今年5月12日時点で、
426件の地域団体商標が登録査定されますが、
畜肉では牛(牛肉)の登録がほとんどで、
豚(豚肉)は少ないようです。

nice!(0)  コメント(0) 

「銘柄豚」 ~日本各地の銘柄豚・命名豚~

財団法人日本食肉消費総合センターのホームページにある
銘柄情報】に「銘柄豚肉地図(平成17年3月調査)」が掲載されています。

そこには、255の銘柄豚肉の事例が紹介されていますが、
各都道府県から聞き取り調査をした銘柄を掲載したものなので
日本各地の銘柄豚・命名豚がすべて掲載されているわけではありません。

次に、‘豚’、そして‘ポーク’が含まれる
商標登録(出願中も含め)を検索してみました。

ヒットした商標登録をざっと見ると、
上記の「銘柄豚肉地図(平成17年3月調査)」には掲載されていない
多くの‘豚’、‘ポーク’が商標登録されています。

もちろん、商標登録すれば「銘柄豚」になるわけではありません。

nice!(0)  コメント(0) 

「銘柄豚」 ~畜畜BanBan情報提供者利用規約~

社団法人中央畜産会が運営する
銘柄畜産物の情報を知るサイト
‘畜畜BanBan’の情報提供者利用規約の
第3条(銘柄畜産物)第2項に
銘柄化についての規定があります。

・・・引用・・・
 銘柄化とは、つぎの全ての要件を満たすことが必要です。
 (1)国内生産(飼養または加工)であること
 (2)生産者及び飼養品種が明確なもの
 (3)飼養方法・加工方法に基準・特徴をもつもの
 (4)固有の商品名称が市場的に確立されていること
・・・引用終わり・・・

また、情報提供者利用規約別紙5の
畜畜BanBan掲載情報ガイドラインに
次の注意事項が明記されています。

・・・引用・・・
 (1)違法性
  食品の表示に関する各種法律(JAS法・不当表示防止法など)に
  違反しないように次のような表示・表現はしないこと
   ① 実際のものよりも著しく優良であると
      一般消費者に誤認させる表示・表現
   ② 品質を誤認させるような文字、絵、写真などの表現
   ③ 虚偽又は誇大な表示
 (2)趣旨性 =省略=
 (3)正確性
   ・ 曖昧で不明確な表現はしないこと
   ・ 証拠で確認できないことは掲載しないこと
   ・ 内容が誇大にならないように謙虚な表現をすること
 (4)客観性
   ・ 客観的な事実の表示を第一とすること
   ・ 目標やモットーや想いなどの主観も一概に排除されないが、
     主観であることが分かるような表現を用いること
 (5)公正性
   ・ 他の銘柄との公正な競争を害しないこと
 (6)自己責任性 =省略=
 (7)実効性 =省略=
・・・引用終わり・・・

nice!(0)  コメント(0) 

「銘柄豚」 ~銘柄豚に関するガイドライン~

農林水産省が1990年度に実施した
「食肉産地等表示基準策定普及事業」において、
社団法人中央畜産会を事務局として検討委員会が設けられ、
その検討委員会がとりまとめた
「産地など表示食肉の生産・出荷などの適正化に関する指針」が、
銘柄豚」に関するガイドラインになると思います。

また、中央畜産会が開設している
銘柄畜産物の生産情報を提供するサイト
「畜畜BanBan」の情報提供者利用規約の
第3条に銘柄畜産物に関する規定があります。

これも「銘柄豚」に関するガイドラインになると思います。

nice!(0) 

「銘柄豚」 ~銘柄豚の定義~

銘柄豚の定義を直接定める法律はありませんので、
銘柄(ブランド)の命名(ネーミング)は、
命名者が自由にできることになります。

しかし、命名にあたって、
食品の表示を規制する法律等(JAS法、食品衛生法、景品表示法など)を
遵守することは当然のことです。

さらに、法律違反と問われないとしても、
消費者を(優良)誤認させる可能性のある
‘曖昧な’、‘大げさな’、そして‘紛らわしい’表示は
使用しないことが望ましいのは言うまでもありません。

nice!(0)  コメント(0) 

スーパーで売られている銘柄豚・命名豚 ~その3~

「飛騨ポーク」について
売場に掲げられていたパネルの説明をもとに調べたところ、
「飛騨ポーク」は次のような豚であると推定されます。

 ①生産農場 : 岐阜県高山市丹生川町にある養豚場
            (本社所在地は愛知県小牧市)
 ②給餌方法 : リキッドフィーディング(食品残渣の利用)
 ③屠畜場   : 名古屋市にある屠畜場
 ④加工会社 : 愛知県内にある加工施設

上記から「飛騨ポーク」は、
次のようにまとめることができると思います。

 ~愛知県資本により岐阜県下で飼育された豚。
   成豚は愛知県へ移送し、愛知県で、と畜・解体・加工され、
   愛知県資本のスーパーで販売されている。
   畜種は未確認。‘飛騨’は飼養地の地名。
   したがい、「飛騨ポーク」は“飛騨で飼養された豚肉”のこと。~

nice!(0)  コメント(1) 

スーパーで売られている銘柄豚・命名豚 ~その2~

「育味豚(いくみとん)」と「薩摩悠健豚(さつまゆうけんとん)」は、
商標登録されていますが、
「飛騨ポーク」は商標登録されていません。

「育味豚」の定義、畜種・投与飼料・飼育期間などの概要について
調べてみましたが、明確には示されていないようです。

ただし、2004年6月24日にオープンしたショッピングセンターに関するプレスリリースに、

 ~抗生物質や合成抗菌剤を使用しない飼料で育てた
   こだわりのポーク「育味豚(いくみとん)を展開いたします。~

との記載がありました。

「薩摩悠健豚」の定義、概要について調べたところ、
2006年8月21日付けのプレスリリース
「愛知悠健康豚・薩摩悠健豚の販売開始について」
というプレスリリースがありました。

それによると、「愛知悠健豚」と「薩摩悠健豚」は、

 ~6種類のハーブと亜麻仁の種を資料に混ぜて、
  健康維持に役立つ『α-リノレン酸』を
  バランス良く含んだヘルシーな豚肉で、
  愛知・鹿児島の2県下25飼育場で育てられた国産豚であり、
  販売する豚肉の生産者が特定できるため、
  パネルに指定農場生産者の顔写真を載せている”~

だそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

スーパーで売られている銘柄豚・命名豚 ~その1~

豚の歴史は、交配、品種改良の歴史です。

しかし、スーパーの精肉売場などに掲示されている
POP、ポスターなどの販売促進のためのツールを見ても、
豚の品種を説明しているものは少ないと思います。

スーパーでよく見かけるのは、
‘命名豚肉’(名前をつけた豚肉、ネーミングポーク)の販売だと思います。

そこで、岐阜市内のスーパーの精肉売場で
販売されている国産豚肉を調べてみました。

店舗  通常豚肉     命名豚肉          黒 豚
A店  国産豚肉    岐阜県産育味豚     鹿児島産黒豚
B店  国内産豚肉     ---        熊本宮崎産六白黒豚
C店   ---    薩摩悠健豚鹿児島産  鹿児島産黒豚
D店  国内産豚肉  飛騨ポーク岐阜県産   霧島黒豚宮崎県産

 ※調査日:2007年11月10日(土)午後


極上銘柄豚―生産者がすすめる豚肉料理

極上銘柄豚―生産者がすすめる豚肉料理




nice!(0)  コメント(0) 

「イベリコ豚」は「黒豚」か? (2)

全身が真っ黒な豚(純黒血統豚)、
すなわち‘黒い豚’の「イベリコ豚 Black Iberian 」でも、
バークシャー種ではないので
「黒豚」と表示して販売することは、
前出の「食品小売品質基準」の
「黒豚」の定義に反することになります。

しかし、豚の品種であるBlack Iberianを日本語に訳すと
‘イベリコ黒豚’になるし、
フランスのPorc Noir de Bigorreを日本語に訳すと
‘ビゴーレ黒豚’となります。

さらに、「世界家畜品種事典」を見ると、
北京黒豚Beijing Black」、「嘉興黒豚Jiaxing Black」など
品種名に‘黒豚’が入っている品種が多くありますが、
「食品小売品質基準」には
どのように表示してよいのか明確な説明は見当たりません。


世界家畜品種事典

世界家畜品種事典

  • 作者: 正田 陽一
  • 出版社/メーカー: 東洋書林
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。